6/23/2011

FlexPMDのEclipseプラグイン

仕事でFlash作成を行った。

開発環境:Flash Builder(Eclipseプラグイン)
開発言語:ActionScript3
コンパイラ:Flex4

結合テストの際に、ActionScriptのステップ数のカウントを行うためのプラグインを
探していたら、FlexPMDを発見した。
そのインストール手順の備忘録。
Eclipseのバージョンとかは以下のサイトを参考に。

参考URL:http://opensource.adobe.com/wiki/display/flexpmd/FlexPMD+Eclipse+plugin

◆インストール
1.Eclipseのメニュー Help > Install new software
2.Addボタンをクリックして、新規リポジトリの登録を行う。
 名前:FlexPMD
 場所:http://opensource.adobe.com/svn/opensource/flexpmd/plugin/trunk/flex-pmd-eclipse-plugin-site
3.FlexPMDをインストール
4.Eclipse再起動


◆設定
設定のためには、いくつかダウンロードが必要。
1.FlexPMDのコマンドライン.jarをダウンロード
 zipファイル
2.ダウンロードしたファイルを適当なディレクトリに展開。
 ただし、ディレクトリ名に半角スペースがあると、うまく動かない様子。
 (http://www.kei3.jp/diary.php?id=7561より)
 ちなみに、私はFlexSDKを以下のディレクトリに入れていたので、同じディレクトリに展開。
 <C:\tools\Flex\flex-pmd-all-in-one-bundle-1.1>
3.EclipseのFlexPMDアドインにコマンドライン.jarを登録する
 Eclipseメニュー > Window > Preferences > FlexPMD と設定画面を表示。
 ・FlexPMD command line installation:(2)のディレクトリ\flex-pmd-command-line.jar
 ・FlexPMD custom ruleset:今はブランクで
 ・FlexCPD command line installation:(2)のディレクトリ\flex-pmd-cpd-command-line.jar
 ※ファイル名にはダウンロードしたバージョンが入っている場合有
4.Apply > OK

以上で設定終了。


◆動作確認
検証したいファイル/ディレクトリを右クリック > FlexPMD > Run FlexPMD

これで検証結果が表示されれば、インストール&設定が完了!!
ただし、ワークスペース名に半角スペースがあると、うまく動かない様子。
 (http://www.kei3.jp/diary.php?id=7561より)


◆監査ルールの取得
1.監査ルールの設定ファイル(xml)のダウンロード
 URL:http://opensource.adobe.com/svn/opensource/flexpmd/bin/flex-pmd-ruleset-creator.html

2.上記サイトにアクセスし、画面下部の「Export」ボタンをクリック。
もし、ルールを変更したい場合は、画面内を操作してカスタマイズ可能。

3.ダウンロードしたファイルの格納場所は適当な場所へ。
 私の場合、以下のディレクトリに格納。
 ルールファイルはxmlなので、テキストエディタで編集可能。
  ・C:\tools\Flex\FlexPMD_Ruleset

4.ダウンロードしたルールファイルの設定
 Eclipseメニュー > Window > Preferences > FlexPMD と設定画面を表示。
 ・FlexPMD custom ruleset:(3)でダウンロードしたファイル


以上で、一通り動くはず!

0 件のコメント:

コメントを投稿